京都市中京区・二条・四条で整体、マッサージをお探しならみわ鍼灸療法院へ!肩こり・腰痛・などの身体の辛い症状を改善する自信があります!他の接骨院・整体・はりきゅう・マッサージに行っても治らなかった方、みわ鍼灸療法院なら原因を根本から的確に分析をし、一人一人に最適な治療を行います。病院での検査で「異常なし」と言われた方も大歓迎です。
ご予約、お問い合わせは
TEL:075(406)5655
受付時間 9:00~19:30(日・祝日除く)
9:00~12:30(水・土)
    
公開日:2018年7月29日
最終更新日:2018年7月31日

樹状細胞からの情報はTh2へと伝わりTh2はB細胞へIgE抗体を作るように指令を出します。
樹状細胞からの情報はサイトカインと呼ばれ、IL4.13(インターロイキン)という物質が含まれています。

樹状細胞がインターロイキンの作用を受けて。細胞の表面にIgE抗体の受容器を作り出さす。IgE抗体と受容器が結合すると、樹状細胞がアレルゲンを取り込みやすい状態となる。最終的にはIgE抗体が雪だるま方式に増えていきます。

増えてしまったIgE抗体は、樹状細胞だけでなく、皮膚や粘膜などのマスト細胞にも結合します。結合した状態を感作と言います。

マスト細胞には化学物質を含んだ顆粒(ヒスタミン)が含まれており、スギ花粉やダニなどのアレルゲンが侵入してくると、化学物質が分泌されます。分泌されるとくしゃみ、鼻水、咳、かゆみなどのアレルギー反応が生じる。

当院の考え

アレルギーだけを治療するというよりも免疫機能を全体を治療するということが重要だと思います。よって自己免疫疾患も改善するようになると考えます。大きなことを言いますが、免疫機能はそれだけ、大きな役割を持っています。

 

この記事の著者

みわ鍼灸療法院
みわ鍼灸療法院
記事一覧

著者一覧