京都市中京区・二条・四条で整体、マッサージをお探しならみわ鍼灸療法院へ!肩こり・腰痛・などの身体の辛い症状を改善する自信があります!他の接骨院・整体・はりきゅう・マッサージに行っても治らなかった方、みわ鍼灸療法院なら原因を根本から的確に分析をし、一人一人に最適な治療を行います。病院での検査で「異常なし」と言われた方も大歓迎です。
ご予約、お問い合わせは
TEL:075(406)5655
受付時間 9:00~19:30(日・祝日除く)
9:00~12:30(水・土)
    
公開日:2019年5月14日

化学物質過敏症とアレルギー

 この両者には、共通点と相違点があります。

◯共通点

程度の量の化学物質を一旦過敏性を獲得する。⇒感作
その後極めて微量の化学物質を接触することで症状を発症する。⇒発作
つまり、2段階の機序によって発症します。

その個人差によって発症する人と、発症しない人がいます。

◯異なる点

アレルギー症は、免疫反応によるものです。
化学物質過敏症は、自律神経系の他にも免疫系や内分泌系が関係している。
と言われていますが、はっきりとした機序は不明です。

アレルギー症では、発症する特定の物質と症状は一定です。
例えばアレルギー性のスギ花粉では、アレルギー性鼻炎、気管支喘息、アレルギー性結膜炎などの気道系や眼科系の症状が出ます。

化学物質過敏症では、人によって発症する物質と症状が異なります。
人によって様々な症状がでます。また、その原因となる化学物質は、数十種類以上あります。

化学物質過敏症では、化学物質に曝露されていると体が適用することがあります。逆に曝露が中断されると離脱症状が現れることがあります。

アレルギーの場合は、血液検査で明確にわかります。
化学物質過敏症は、自律神経の異常のため、血液検査では異常はみられないので、発見しにくいのです。

この記事の著者

みわ鍼灸療法院
みわ鍼灸療法院
記事一覧

著者一覧