京都市中京区・二条・四条で整体、マッサージをお探しならみわ鍼灸療法院へ!肩こり・腰痛・などの身体の辛い症状を改善する自信があります!他の接骨院・整体・はりきゅう・マッサージに行っても治らなかった方、みわ鍼灸療法院なら原因を根本から的確に分析をし、一人一人に最適な治療を行います。病院での検査で「異常なし」と言われた方も大歓迎です。
ご予約、お問い合わせは
TEL:075(406)5655
受付時間 9:00~19:30(日・祝日除く)
9:00~12:30(水・土)
    
公開日:2019年6月14日

1.ステロイド剤はかゆみの神経に作用する。

ステロイド剤を皮膚に塗っていると皮膚の角層が薄くなるため、かゆみの神経線維が伸びやすくなる
また、ステロイド剤には神経を成長させる作用が強く、かゆみの神経線維をのものも伸ばします。

2.化学物質に触れると

そのような状態で皮膚に化学物質が触れてしまうと
脳から「毛細血管を増やせ!」という指令がでます。
そして、皮下で浸出液が出てしまいジュクジュクした炎症を伴った
かゆみが生じます。こうした悪循環に陥ってしまうこともあります。

3.薬剤アレルギーと化学物質

ステロイド剤、抗アレルギー剤、抗ヒスタミン剤、漢方薬など薬剤を長く使っていると、
それらの効果が効かずに症状の悪化をもたらすことがあります。
これは、化学物質に過敏になり薬剤アレルギーを生じていると考えられる。

生活環境下の化学物質が人体にとってアレルゲン(アレルギーの反応を起こす物質)であるならば、
化学物質の塊である薬剤を排除しようとして人体がアトピー症状を進行させます。

防衛反応として出た炎症やかゆみの症状が悪いのではありません。それを起こす、きっかけ
となる薬剤や化学物質の摂取に問題があります。

この記事の著者

みわ鍼灸療法院
みわ鍼灸療法院
記事一覧

著者一覧