京都市中京区・二条・四条で整体、マッサージをお探しならみわ鍼灸療法院へ!肩こり・腰痛・などの身体の辛い症状を改善する自信があります!他の接骨院・整体・はりきゅう・マッサージに行っても治らなかった方、みわ鍼灸療法院なら原因を根本から的確に分析をし、一人一人に最適な治療を行います。病院での検査で「異常なし」と言われた方も大歓迎です。
ご予約、お問い合わせは
TEL:075(406)5655
受付時間 9:00~19:30(日・祝日除く)
9:00~12:30(水・土)
    
公開日:2020年4月10日
最終更新日:2020年4月14日

長引く感染と不安の拡大

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大は、拡がっています。先が見えないことが不安になる理由です。
例えばゴールがどれくらいの距離なのかをわからないままに、マラソンをするとどうでしょうか?
いくらマラソンが好きな人でも、ストレスになります。

そんな状態に加えて、自宅でのテレワークや外出自粛となると人間の行動に制限されます。
制限は停滞を意味しており、身体の中では血流が滞り、気持ちのうっ滞などの状態となります。

アメリカでは、外部での犯罪は減少したが、家庭内のDVでの警察の緊急指令が増加しました。
これは、気持ちのうっ滞によるストレス障害が背景にあると推測します。

この状況下で人間のメンタルケアにも注目するべきことだと考えます。
早期にコロナウィルスを解決するためにも、大切なことだと思います。

効果的な対処法

ストレスや不安に対処するには、どのような方法があるでしょうか?

・ワイドショーやSNSを見るのを最小限にする。
・呼吸法やリラクセーション法を行う。(深呼吸、瞑想、簡単な運動、ストレッチなど)
・気持ちが落ち込んでいるなと思ったら、わざと口角を上げて笑ってみる
・家族や友人との会話(遠距離の場合は通信アプリや電話)を楽しむ
・自分ではどうしようもないと思ったときは、カウンセリング、医療、電話のホットラインサービスなどに頼る
・十分な睡眠、栄養、運動の習慣を守る
・読書、音楽、映画などを余暇を楽しむ

コロナ疲れからコロナ鬱へ

これらは、一人ひとりが個人的に実践することができるが、困難な状況になりつつあります。
それは、先行きが見えないゴールが分からない状況だからです。

その状況はかなりのストレスになります。

もうすでに、メンタルに影響している患者さんがいらっしゃいます。

コロナ疲れからコロナ鬱になった状態です。

そうなる前に、施術を受けてほしいです。

プレッシャー遮断&ストレス解放

 

 

この記事の著者

みわ鍼灸療法院
みわ鍼灸療法院
記事一覧

著者一覧