京都市中京区・二条・四条で整体、マッサージをお探しならみわ鍼灸療法院へ!肩こり・腰痛・などの身体の辛い症状を改善する自信があります!他の接骨院・整体・はりきゅう・マッサージに行っても治らなかった方、みわ鍼灸療法院なら原因を根本から的確に分析をし、一人一人に最適な治療を行います。病院での検査で「異常なし」と言われた方も大歓迎です。
ご予約、お問い合わせは
TEL:075(406)5655
受付時間 9:00~19:30(日・祝日除く)
9:00~12:30(水・土)
    
公開日:2020年4月14日

コロナウィルスにより先行きが見えない状況は「恐怖」や「不安」を生じます。これらは、精神面でのストレッサー(一般でいうストレス)となります。

ストレスを過剰に感じているとまずは、感情が不安定となり、鬱状態になります。
「コロナ鬱」という言葉も増えてきました。

身体の中では交感神経が緊張し、下垂体から副腎皮質刺激ホルモンが分泌されます。
そして、副腎皮質ホルモンからコルチコイドというホルモンが分泌されます。
コルチコイドホルモンは、一種のステロイドホルモンで、免疫細胞の働きが弱ったり、死んだりします。

このため、何か精神的ストレスがあると、連動して免疫系統全体も弱ってしまうのです。

コロナウィルスの情報はテレビやネットなどで、多く情報として得られる環境にあります。過剰な情報をえてしまうとストレスが身体の免疫系統を弱まられてしまいます。

常にストレスを感じていると免疫力の低下が起っています。
過度の情報を得て、ずっと不安でいると

コロナウィルスに身体が感染する前にメンタルで自分がおかしくなります。
十分に気をつけて下さい。

スマホでひたすらにコロナの情報を見ている人は、その傾向にあります。お気をつけ下さい。

当院では、免疫力を上げる方法として、ストレスを解消する施術を行っています。

この記事の著者

みわ鍼灸療法院
みわ鍼灸療法院
記事一覧

著者一覧