〇ステロイドを塗ってもアトピー性皮膚炎が治らない あなたへ

ステロイドを塗っても アトピー性皮膚炎が治らない あなたへ

4つの特徴

述べ25年の施術経験を持って患者さんの悩みを解決!

患者さん写真

オファー 5980円

健康雑誌 わかさ 腰らく塾に掲載されました。

アトピー性皮膚炎による かゆみ、ジュクジュク、

こんな悩みでおこまりではありませんか?

  • 皮膚を掻いてしまって、シャツに血が付く
  • 皮膚がジュクジュクして、気持ち悪い
  • 顔が腫れて、紅くなる、
  • ステロイドを止めたいが、ついつい塗ってしまう。
  • 膝の筋肉トレーニングをしても痛みが良くならない。

1人で悩まずに、当院まで気軽にご相談ください。

施術を受けたお客様から、喜びの声をいただいております。

アトピー性皮膚炎のかゆみが軽減すると・・・

before画像

かゆみとカサカサ感、かさぶたのように熱感が生じていました。

after画像

潤いが生じてきて熱感も改善

皮膚に熱感があると腫れてきます。
そうなると痒みが生じ、どうしてもステロイドを塗ってしまいます。
施術を受けていただくと、ステロイドを塗る回数が減ってきます。
殆んどの患者さんは離脱できています。

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

カサカサして、かゆみがひどく 眠れませんでした。

before画像

夜に眠った時に痒みが出てきました。

after画像

皮膚のカサカサが潤いが出てきました。

かゆみがひどくなると
眠れなくなり、そうなるとアトピー性皮膚炎が悪化します。
悪循環となってしまうのが、特徴です。
悪循環を断ち切るのが当院の施術の特徴です。

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

手がアトピー性皮膚炎で腫れてしまいました。

before画像

急に手の甲が腫れてしまいました。痛みも伴っています。

after画像

スッとあれが引くと潤いが出てきます。

普段からステロイドを塗っていない人が、
かゆみに耐え切れずに、ステロイドを塗ってしまうと
急に手が腫れてきました。
一種の免疫反応です。
施術を受けていくと徐々に腫れが引いてきました。

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

そもそもアトピー性皮膚炎とは?どういう症状なのか?

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、かゆみのある湿疹を主病変とする疾患であり、増悪・寛解を繰り返します。
患者の多くは
①家族歴と既往歴(気管支喘息,アレルギー性鼻炎・結膜炎,アトピー性皮膚炎のうちいずれか、またあるいは複数の疾患)
②IgE抗体を産生し易い素因 などのアトピー素因を持っている

かゆみと湿疹は特徴的なものです。
皮疹は湿疹病変
①急性病変:紅斑,湿潤性紅斑,丘疹,漿液性丘疹,鱗屑,痂皮
②慢性病変:浸潤性紅斑・苔癬化病変,痒疹,鱗屑,痂皮

(2)分布・左右対側性好発部位:前額,眼囲,口囲・口唇,耳介周囲,頸部,四肢関節部,

病院やよくある整骨院での変形性膝関節症の対処や施術は?

ステロイド

◎病院では
「日本皮膚科学会ガイドライン  アトピー性皮膚炎診療ガイドライン 2018」から
治療の最終目標(ゴール)は、症状がないかあっても軽微で日常生活に支障がなく、薬物療法もあまり必要としない状態に到達し、それを維持することである。
また、このレベルに到達しない場合でも、症状が軽微ないし軽度で日常生活に支障をきたすような急な悪化がおこらない状態を維持することを目標とする。」

と記載されています。解釈によっては、完治を目指すことは示されていないと考えます。
このような状況下での服薬やステロイド剤などを用いるのは、改善する目的ではないので、完治を望む方にはアトピー性皮膚炎を治したいと思いとはかけ離れた治療になると考えます。

◎整骨院では

整骨院でアトピー性皮膚炎に対して施術をしている所を知りません。

アトピーをどのように考える?

アトピー性皮膚炎の原因は?
肝臓の解毒作用と弱まることで発症すると考えます。

解毒できない毒素が体内に残り、血管やリンパを通じて全身を巡ります。
全身を巡った毒素が皮膚から排出されようとして、
その毒素がアトピー性皮膚炎として発症します。
皮膚のカサカサ、ジュクジュク、かゆみ、発赤、腫れなどの症状となります。

アトピー性皮膚炎の発生機序

オファー 5980円

ご予約はタップしてください。

受付時間

平日:月・火・木・金曜日 9:00~20:00
       水・土曜日 9:00~14:00

日祝日:休診

LINEから24時間予約できます。

ネット予約・問い合わせ

当院が行うアトピー性皮膚炎への施術は?

アトピー性皮膚炎の原因となる肝臓の解毒作用を元気にすることです。

そうするには、以下の特殊整体術を行います。

体幹(脊柱、胸郭)のゆがみを調整

◎姿勢のゆがみによる アトピー性皮膚炎について!
体幹(脊柱、胸郭)ゆがむことで
右肩が下がることで肝臓が肋骨に圧迫されます。
肝臓に繋がるリンパ管がゆがみ、リンパ液(図 オレンジ色)の流れが滞ります。
そうなると肝臓の解毒作用が低下し、アトピー皮膚炎が発症しやすい状態になります。

 

◎具体的な調整法
脊柱、胸郭などのゆがみ、各関節動きやその周囲の筋肉の緊張状態を観察します。

これらの情報を基に身体のゆがみを引き起こしているポイントを探します。

そのポイントに当院独自の特殊整体施術を行います。

右肩下がりによる肝臓の圧迫が
解消されると肝臓の解毒作用が良い状態となります。

その結果、アトピー性皮膚炎が良い状態になると考えます。

内臓(五臓六腑)を調整

内臓の疲れ

◎内臓の疲れによる アトピー性皮膚炎のかゆいm、カサカサなどの皮膚状態について!

不規則な日常生活を(睡眠不足、偏った食事、ストレス 等・・・)肝臓が直接影響を受けて内臓が疲れ、解毒作用が衰えます。そしてアトピー性皮膚炎が出やすい状態になります。

◎具体的な調整法

肝臓と機能が弱まると、腹部の右脇部の筋肉が緊張します。

これらの緊張を緩和すると肝臓の働きが元気になります。
そうなると、解毒作用が良い状態になるとなります。

頭蓋骨調整

ストレスによる脳の疲労

◎過剰なストレスによる アトピー性皮膚炎のかゆみ、発赤、カサカサ感について!
過剰なストレスにより頭蓋骨にゆがみが生じ、脳が疲労を起こします。自律神経の働きの中枢である視床下部に負担がかかります。
その状態となると自律神経の交感神経が興奮して、肝臓の血管が収縮し、血流障害が生じて、解毒作用の低下の原因となります。
その結果、アトピー性皮膚炎が出やすい状態になります。

◎具体的な調整法
頭蓋骨のゆがみを整えることで、脳の疲労を良い状態にする当院独自の施術を行うと視床下部に作用して、自律神経の働きが良くなり、肝臓の血流が促進されます。

アトピー性皮膚炎が良い状態になると考えます。

肝臓の解毒作用が良い状態になると・・・

肝臓の働きが良くなると、身体の毒素が解毒されます。
よって身体内の血管、リンパ液から漏れることがなくなります。
そして、皮膚にとどまっていた毒素がなくなることで、アトピー性皮膚炎が良い状態になると考えます。

アトピー性皮膚炎の改善機序

アトピー性皮膚炎の改善機序

オファー 5980円

ご予約はタップしてください。

受付時間

平日:月・火・木・金曜日 9:00~20:00
       水・土曜日 9:00~14:00

日祝日:休診

LINEから24時間予約できます。

ネット予約・問い合わせ

みわ鍼灸療法院

〒604-8341京都市中京区岩上町751-1シャトールロシェ1F