〇変形性膝関節症(膝関節の痛み、屈伸ができない)でお困りの方

定期的に痛め止めの注射を受けているあなたへ

4つの特徴

述べ25年の施術経験を持って患者さんの悩みを解決!

患者さん写真

ホームページ割引4980円

健康雑誌 わかさ 腰らく塾に掲載されました。

変形性膝関節症

こんな悩みでおこまりではありませんか?

  • 階段の昇降で膝関節が痛い。
  • 膝関節に水が溜まって何度も抜いている。
  • 湿布や薬を服用しても痛みが改善しない
  • 医師から手術を勧められている。

1人で悩まずに、当院まで気軽にご相談ください。

施術を受けたお客様から、喜びの声をいただいております。

階段の昇降がつらい 膝関節痛

before画像

膝関節が痛み しゃがめない

after画像

施術後はスムーズにしゃがめました。

階段の昇降がつらくて、しゃがめない患者さんが来院されました。
整形外科では、「軟骨はすり減っているんでしょう。」
と言われたそうです。
でも、こちらの患者さんは、太もも前面の筋肉が硬くなって、
伸び縮みができない状態でした。
主に太ももの筋肉を緩める施術を行うと
スッとしゃがめました。

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

膝の痛みと足のしびれで困っていました。

お客様写真

手術をするのが、嫌で治療に来ました。
鍼灸がなければ、どうなっていたかと思い、治療で楽になって助かっています。
日常生活も治療のおかげで調子よく過ごせています。
はりきゅうは痛いと考えていらっしゃるかもしれませんが、少しも痛くないし、
信じて治療を受けてみてください。

木村 良子 様 京都市山科区 90代

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

膝の腫れも痛みもやわらぎ、よかったです。

お客様写真
足首と膝が痛みがあり、つらかったですが、はりきゅうの施術を受けてから、痛みが楽になり、それと同時に不思議と息苦しさもスッキリしました。
時間を使ってゆっくり施術をしてもらい、丁寧に説明をされていまので、安心して受けることができました。
鍼灸を怖がらずに受けてみてください。気持ち良いですよ。

石田 寛子 様 京都市左京区 65歳

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

そもそも変形性膝関節症とは?どのような症状なのか?

変形性膝関節症の症状

突然に発症するのではなく、長年かけて徐々に良くなったり、悪くなったりしながら徐々に膝関節の変形が進み、痛みが生じます。

〇原因
体重増加や太ももの筋力の低下、加齢に伴う膝関節軟骨の損傷と言われています。

〇症状
1.初期
◯立ち上がる時に痛む
◯歩く第一歩の時に痛む
◯膝関節の曲げ伸ばしに引っかかり感がある。

2.中期
◯歩行時に痛む
◯階段の昇降時に痛む
◯正座時に痛む
◯水が溜まり、熱を持ち

3.後期
◯膝関節が伸びない
◯歩行が痛みでできない
◯膝を曲げることが出来ず正座ができない。

病院やよくある整骨院での変形性膝関節症の対処や施術は?

◎病院では
変形性膝関節症治療は、初期から中期では、手術をしない保存療法を進められます。
◯消炎鎮痛剤の内服◯湿布◯ホットパック
◯太ももの筋肉トレーニング
◯鎮痛薬、ヒアルロン酸注射

などがあります。
これらで、改善しない場合は、手術を進められることがあります。

◎整骨院
膝関節への電気治療や周期の筋肉へのマッサージが主になります。
これらは、損傷した軟骨を修復する治療にはなりません。

これらの治療法で変形性膝関節症が楽になったということを聞いたことがありません。

症状が進行してしまうと、日常生活にも影響し、立ち座りはもちろん、歩くのも大変になってきます。
後期になって手術をしてからは、後には戻れません。手術は誰もが敬遠したいものです。

変形性膝関節症による痛み、だるさを生じる原因が、股関節周囲の筋肉であるなら、病院、整骨院の方法で良くなると思います。 しかし、良くならない変形性股関節症については、実は!この他にも原因があります。 その原因を把握して、的確な施術をすることが猫背が良くなるポイントです

良くならない変形性膝関節症の原因とは?

変形性膝関節症による痛み、だるさを生じる原因が、膝関節その周囲の筋肉であるなら、病院や整骨院の方法で良くなると思います。

しかし、良くならない変形性膝関節症の痛み、だるさについては、姿勢のゆがみ、内臓の疲れ、過剰なストレスなどが原因と考えています。その場合は、身体全身のバランスを整えることで良い状態になると考えています。

痛み、こり、だるさの状態をそのままにしておくと日常生活に影響します。もし、あなたがつらい状態でお悩みでしたら、一人で悩まずに当院まで気軽にご相談ください。

ホームページ割引4980円

ご予約はタップしてください。

受付時間

平日:月・火・木・金曜日 9:00~20:00
       水・土曜日 9:00~14:00

日祝日:休診

LINEから24時間予約できます。

ネット予約・問い合わせ

当院が行う変形性膝関節症への施術法とは?

足趾から骨盤までのゆがみを調整

膝関節周りの筋肉から影響をする。

◎姿勢のゆがみによる 変形性膝関節症の痛み、だるさについて!

膝関節痛は一般的に軟骨がすり減ることで痛みが発症することいわれています。当院の施術は損傷された軟骨が修復するものではありません。

実際は、膝関節痛は膝関節の捻じれにより発症すると考えます。
そして、膝関節周囲の筋肉や靭帯が緊張し、膝関節内の関節包や軟骨に炎症が生じます。その結果、膝関節の動きの制限や痛みが発症すると考えます。

◎具体的な調整法
・下肢(足関節~股関節)
・骨盤から脊柱

膝関節だけでなく、足関節、膝関節、骨盤、脊柱などゆがみ、各関節動きや筋肉の緊張を観察します。

これらの情報を基に膝関節に捻じれを起こすポイントを探します。

ポイントに当院独自の施術を行います。

そうすることで、膝関節の周囲の筋肉軟らかくなり、膝関節が正常な位置に戻ると血流が促進されます。
痛みが良い状態へとなり、膝関節の動きがスムーズになるように導いていきます。

内臓(五臓六腑)を調整

内臓(五臓六腑)の調整

◎内臓の疲れによる 変形性膝関節症による膝関節の痛み、だるさついて!

内臓(五臓六腑)の疲れや各々の臓器の働きのバランスの乱れにより腹部の筋肉が緊張を生じます。
そうなると、腹筋に力が入らなくなり、体幹が前屈位になります。
膝関節に負担がかかり、捻じれが起り、動きが制限される。

そうなると、膝関節の周囲にある筋肉や神経線維や血管を圧迫し、痛み、だるさの原因となります。

◎具体的な調整法
内臓の働きを良くする施術を行うと腹部の筋緊張が和らぎ、腹筋に力が入るようになります。そうなると体幹がまっすぐに戻り、膝関節の負担が軽減して、捻じれが元に戻ります。
その結果、膝関節周囲の筋肉のが軟らかくなり、神経線維や血管への圧迫が減少すると、血流が増えて、痛みやだるさが良い状態になると考えます。

頭蓋骨調整

頭蓋骨調整

◎過剰なストレスによる 変形性膝関節症による痛み、だるさについて!

過剰なストレスとなり頭蓋骨にゆがみを生じさせます。その結果、脳疲労を起こし、視床下部に負担がかります。
そして、この状態では自律神経の交感神経が興奮します。
膝関節に血流障害が生じて、痛みやだるさの原因となります。

◎具体的な調整法
頭蓋骨を当院独自の施術で良い状態に戻すことで、脳の疲労度が低くなります。そして、視床下部に作用して、自律神経の働きが良くなり、膝関節への血流が良くなり、痛みやだるさが良い状態に導かれます。

ホームページ割引4980円

ご予約はタップしてください。

受付時間

平日:月・火・木・金曜日 9:00~20:00
       水・土曜日 9:00~14:00

日祝日:休診

LINEから24時間予約できます。

当院の紹介

当院を選んで来院してくれたのか?

数多くの専門知識を専門病院などで研修を受けてきた。

明治鍼灸大学(現、明治国際医療大学)に進学し、無事三回生時に はり、きゅう師国家試験に合格した。
大学卒業後に明治国際医療大学付属病院の卒後研修過程にすすむ。
卒後研修1年目は、西洋医学を中心に内科、外科、整形外科、脳神経外科、泌尿器科、耳鼻咽喉科、眼科、歯科、リハビリ科での
研修を受ける。
2年目と3年目は脳神経外科とリハビリテーション科を専攻し、脳神経外来補助や入院患者さんの鍼灸治療の研修を受ける。
リハビリテーション科や鍼灸施術所での身体の病態把握について学んだ。
それと同時に京都市内のスポーツ整形外科のやまぎわ整形外科にて1週に1回、スポーツ疾患への鍼灸治療と外来での研修を約7年間受けていました。

患者さんからは、痛みやしびれ以外に慢性的な病や身体の不調や病気についての質問を受ける機会もあります。

日々、施術の向上を目的にセミナーや研修に参加

東洋医学評価機構 指導医認定証

鍼灸治療では、中医学の鍼灸の大家の平田 耕一先生に出会いご指導を受け、講義のお手伝いをさせていただいた。

研修生を修了後、京都市内の診療所の併設している鍼灸治療院に就職。往診から外来治療の経験を積んだ。
その時に患者さんとのコミュニケーションの大切さを実感し、沖縄県まで関野 直行氏が主催する
メンタルコーチの要請講座を1ヶ月に1回1年間受講した。(メンタルコーチ資格取得)

身体の病の発生要因は身体のゆがみによるものと着眼し、正伝妙見活法協会に所属し
妙見活法整体の宗家、千葉 吉胤妙星司家にご指導を受け現在に至る。

また、古典医学を中心とした鍼灸治療ばかりでなく、鍼灸業界の動向、経営などを馬場 乾竹先生にご指導を受けている。

治療させていただいた患者さんから治療ばかりでなく、人間関係などを学び経験を積んだ。

患者さんとの信頼関係を大切にしている。

メンタルコーチ認定証

一度も行ったことのない治療院に行くことは、勇気が必要ですね。
はじめまして、院長の三輪 哲朗(みわ てつろう です。

誰でも初めは、治療院を選ぶ時には、

 どこに行ったらいいのだろう?
 どんな人が施術をしてくれるんだろう?
 本当によくなるのだろうか。
 私の身体に合うのかな?
 痛いことされないだろうか。

とたくさんの不安があると思います。

このような、不安をできるだけ取り除けるように、コミュニケーションを取ります。
そこから、患者さんとの信頼関係を築いていきます。

施術は信頼関係がないと、効果が出ないと考えています。
そのためには、患者さんの悩みを理解し、共感することが大切だと思います。

患者さんと何でも話せる関係になりたいです。

「私みたいな症状の人も診てくれるのかな?」
「どこに行ってもよくならなかったけど、ココで本当によくなるのかな?」
「何年もよくならなかったけど、こういうのもよくなるのかな?」 

身体の状態を丁寧に説明

できるだけ専門用語を使わずに、簡単にわかりやすく、タブレット端末を見せたり、ガラスボードに記入しながら、
以下のことを理解してらえるように説明をします。


〇身体の状態
〇痛みやしびれ、身体の不調の原因
〇施術の意味とその効果

理解してもらうことが施術の効果を引き出されると考えています。

  • ガラスボードを書いての説明
  • タブレット端末を使っての説明

全ての施術室は個室を完備

リラックスした施術スペース

全ての施術室は個室となっています。
カウンセリングや施術を行う時には、プライバシーや個人情報を守らなければなりません。
想像してみてください。
もし、カーテンで仕切られている施術スペースで、施術を受けたとしましょうか?
そのような場合では、隣の人のことが気になってしまい、
カウンセリングや施術を受けるのにも緊張してしまいます。

当院としてはリラックスして施術を受けていただいて、身体を元気に健康になってほしいです。

院長からのメッセージ

院長写真

はじめまして!
「みわ鍼灸療法院」院長の三輪 哲朗 と言います。
皆様のつらい痛み、しびれ、身体の不調は、身体の姿勢、が原因と考えています。

治らない痛みやしびれ、身体の不調の全ての原因は、決して筋肉や骨格のゆがみだけではありません。それ以外にも内臓の疲れ、ストレスが関係しています。

私はお客様としっかりと向き合わせていただき、ここで施術を受けて
「どんな身体をつくりたいか」 「ここで施術を受けてどうなりたいか」
しっかりと声を聞き、お客様の気持ちに寄り添い、施術者と共有しながら一緒に目標に向かってケアをさせていただいております。

なぜ私がこの業界を目指したかというと、自分自身が学生時代に膝関節を痛め、歩けなくなってしまったことがあり、実際に施術を受けて楽になった経験があるからです。
だからこそ、つらいその気持ちも理解できますし、良くなった時の喜びも分かち合えると思っております。

皆様が健康になって笑顔になっていただく事が私の喜びでもあります!
あなたが笑顔で過ごせるように、精一杯お手伝いさせて頂きたいと思っています。

不調が発症する原因は、骨格の歪みに加えその方の生活習慣など様々な要因が関係しています。
一刻も早く不調から開放され健康な身体を取り戻すためには、その原因を的確に見つけ出し解消していくことが大切です。

あなたの症状を改善に導くため、当院は徹底したカウンセリングと検査で原因を特定し、お身体の状態に合った施術を提案させていただきます。

はじめてのところは色々な不安があると思いますが、当院ではお得な初回特典もご用意しておりますので、『まずはお試し』のつもりでお気軽にお越しいただければと思います。

あなたのご来院を心よりお待ちしております。

みわ鍼灸療法院

〒604-8341京都市中京区岩上町751-1シャトールロシェ1F