BeforeAfter

骨折後に示指が曲がらない

before画像

示指が曲がらない

after画像

示指が曲がるようになる

2021.12月に母指を骨折をする。ギプスにて固定となる。
2022.2月にギプスが外れる。

その直後から、右示指が曲がらなくなる。
リハビリを受けるが一向に曲がらずに変化なし
日常の家事や仕事に影響して、前腕~上腕~肩~首にかけて筋肉が張ってくる。

この場合、示指以外に前腕~上腕~肩~首が原因になることが多い。
よって、前腕~上腕~肩~首の施術ポイントを探します。

今回は前腕にそのポイントがあり、その周囲の筋肉を緩める施術を行う示指が曲がりました。
ギプスの固定が前腕に作用したと考えます。

このようなことで、お困りの方は、当院にご相談ください。

※効果には個人差があります。

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

自分のいびきで目が覚めていました。

before画像

自分のいびきで目覚めることがありました。

after画像

以前よりも熟睡ができています。

いびきで悩む患者さんから、嬉しい報告をいただきました。

当院に来院する前は、自分のいびきの音で目が覚めることが多くなってきました。
家族から、いびきがうるさいことよりも、途中で目覚めることで体調を崩さないのか?心配されていました。

イビキスコアーが60~50台 だったのが、10台になりました。

効果には個人差があります。

いびきでお困りの方は、ご相談ください。

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

薬の効果がなかった頻脈性不整脈への施術

before画像

脈拍が安定せずに脈拍数が100を越えていました。

after画像

施術後は脈拍数が100を下回りました。

心房細動をもともと患っていらっしゃいました。
薬を服用したが、急に脈拍数が100を上回り、身体がしんどい
循環器内科を受診して、今までの薬が効かなくなってきたと説明を受けた。

新たな薬を服用するが、脈拍数が変化ないので施術開始となりました。

不整脈の原因は、異常な電気信号の刺激が発生する期外収縮が引き金となりなります。

当院では、それ以外に心臓への位置を考えます。心臓の位置が上にズレると心臓の動きが影響を与えると考えます。
その位置を定位置に戻すには横隔膜が関係していると考えます。

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

コロナウィルスワクチン副反応による肩関節痛

before画像

手を上げると肩に痛みが生じます。

after画像

施術後は楽に手が上がりました。

コロナワクチン接種後には肩関節痛が生じることをご存知だと思います。

自然に治る方もいらっしゃいますが、意外と治りにくく、手が上がらないことが
続く人もいます。

注射により筋肉がこわばってしまうと自分でマッサージをしても
あまり、痛みが良くならない場合があります。

それは、自分強張った筋肉を硬くしてしまっていることです。

そうならいようにご注意ください。

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

シャツの脱ぎ着が肩関節痛でなかなかできない。

before画像

手を後ろに回したまま、頭の方向へ上げることが出来ない。

after画像

手を上に上げることが出来ました。

肩関節痛により、困ることは・・・・
シャツを脱いだり、着たりすることです。
痛みがひどくなると結帯動作(手を後ろに回す)ことが難しくなります。

肩関節痛は、五十肩と診断されることが多く、
肩関節自体が固まってくると痛みともに関節が動きにくくなります。

施術を早めに受けるほうが良いです。

五十肩の患者さんの殆んどは・・・・
「勝手に治ると思っていた。」という人が多いです。

酷くなると治るのに時間がかかります。
気をつけてください。

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

アレルギーによる手の腫れ、発赤、浮腫み

before画像

施術前:手の腫れと発赤がありました。

after画像

施術後:手の腫れと発赤が良い状態になりました。

手を使う仕事の方には、アレルギーによる手の荒れは、死活問題です。

このような場合、ステロイドを塗っても改善とは程遠いと思います。

手が腫れ、発赤の状態は炎症を起していることであって、それを冷やすために、水が手に集まります。

水は浮腫みとなって、指を動かしにくくなったり、痛みが生じることがあります。

当院の施術は手の循環を良い状態にして発赤、腫れを良くしていきます。

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

口を開けると激しい痛みが出てきました。

before画像

施術前:右顎関節に強い痛みが生じて、なんとか口を開けることが出来ていました。

after画像

施術後:スッキリと口が開いて、痛みが軽減しました。

原因不明で徐々に右顎関節に痛みが生じてきました。
口を開ける時に激しい痛みが生じてしまい、開くのに抵抗がありました。

歯科にてマウスピースを作るが、少し楽になっている感じだが、
強い痛みは、継続中

右顎関節に痛みが生じていたが、左の後頭部の筋緊張が原因と
判断して、施術を行いました。

すると・・・スッと口が開いて、痛みも良い状態になりました。

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

アトピーが悪化したの?

before画像

右腕の内側にかゆみと発赤がありました。

after画像

かゆみと発赤がキレイになりました。

アトピー性皮膚炎の施術を続けていると・・・・

キレイになってくることがあります。

しかし、問題がなかった場所にアトピーが出てくることがあります。
こちらの患者さんは、臀部や腰、肩にアトピーがありました。

それらがキレイになってきたら・・・・
腕にアトピーが出てきました。

このようなことは、良くあります。
私は、身体の排毒作用の一つだと思います。悪化ではないと思います。
身体に溜まった、毒が違う場所から出てきているだけです。

この場合は、比較的早く、キレイになってくる傾向にあります。
この傾向になると、全身のアトピーがキレイになってくると考えています。

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

巻き肩、猫背が背骨の矯正でも、良くならなかった・・・・

before画像

首が前傾してる。

after画像

自然と無理なく首が真っ直ぐになっている。

背骨の矯正などを受けていらっしゃった患者さん

もう一つ、背骨が曲がっている感じがするとのこと・・・・

当院では、背骨を矯正するのではなく・・・・
脳の癖を良くすることを目的に行います。

脳は、猫背の状態でいることを好んでいます。
だから、猫背の姿勢が楽になります。
そうなると脳が、その猫背の姿勢にするように
指令を出します。

その指令が脳の癖と考えます。

その猫背になる癖を真っ直ぐな姿勢になる癖に置き換えると
写真のとおり、真っ直ぐ姿勢となります。

この真っ直ぐな姿勢に対して、脳は好んでいることになります。

その結果、猫背が良い状態になると考えます。

脊椎矯正で、猫背が良くならない方は、一度、当院の施術を受けてみては、
いかがでしょうか?

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

猫背による頚部痛への施術は、脳からのアプローチ!

before画像

猫背とストレートネックが分かります。

after画像

背筋が伸びました。

頚部の痛みがひどく、コルセットをしなければ、車の運転ができない患者さん

他の院で電気?治療を受けたが効果がなく、だんだんと仕事もできない状態になってきていた。

姿勢から判断すると、猫背でストレートネックとなり頚椎との間隔がが狭くなり、
圧痛と炎症が生じて痛みが生じていると考える。
再び姿勢が悪くなると、頚椎の間隔が狭くなって、再発するかと考える。
再発しないための施術は、脳に姿勢の良い状態を覚えさせて、良い姿勢を維持する
だと思います。
写真は、そんなに改善していないと思われるかもしれません。
顎を引いて、頸部を後ろに倒している状態を患者さんの脳に記憶させている。
この状態では、頸椎が拡がる姿位なので、日常も上下の頚椎の間隔が拡がっている状態となっていると考える。
その状態で固定されると頚椎の炎症が緩和して痛みが改善してくると考えた。
施術2日後に患者さんに連絡すると痛みが嘘のような
殆んどなくなっている。車の運転、仕事もできるようになった。
脳から身体へのアプローチは面白いです。

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

みわ鍼灸療法院

〒604-8341京都市中京区岩上町751-1シャトールロシェ1F