はりきゅう治療

1.はりきゅう治療  約60分 6,000円 

1)はりきゅう治療を簡単に説明すると

身体の皮膚表面に存在するツボに鍼(はり)やお灸(きゅう)を施して、
身体の内臓機能や免疫機能、神経機能を元気にして、
痛み、しびれ、身体の不調を改善する治療法を言います。

2)施術に使用する鍼(はり)について

豪鍼

はり

〇豪鍼⇒直径0.12~0.18mmのきわめて細いステンレス製の使い捨て鍼を使用します。
皮膚表面(ツボ)に約3~5mm位浅く刺して、刺激を与えます。

上の写真は 鍼 下の写真は、爪楊枝(つまようじ)
※爪楊枝は施術に使用しません。比較のために掲載しています。

てい鍼

てい鍼

〇てい鍼⇒先端がやや尖っている棒状の金鍼と銀鍼です。
皮膚表面(ツボ)に刺さずに接触させて、刺激を与えます。

擦過(さっか)鍼

擦過鍼

〇擦過(さっか)鍼⇒扇形の鍼です。
優しく皮膚表面(ツボ)を擦り、刺激を与えます。

3)施術に使用するお灸について

〇間接灸⇒もぐさと皮膚の間に空間を作ります。
もぐさを燃やして、その空間を熱してツボに刺激を与えます。

〇直接灸⇒米粒の半分くらいの大きさのもぐさを皮膚表面のツボに乗せます。
もぐさを燃やし、熱してツボに刺激を与えます。

4)はりきゅう 中国医学的解説

東洋医学における内臓の総称を五臓六腑と言います。
西洋医学の内臓(臓器)の考えとは異なります。

臓腑とは
五臓:肝・心・脾・肺・腎
六腑:胆・小腸・胃・大腸・三焦・膀胱

五臓六腑はおおまかに述べると、呼吸・飲食によって取り込まれた栄養・水分・空気を気と血(エネルギー)に変える働きをもちます。

経絡とは
五臓六腑と体表を結ぶ通路を言います。五臓六腑から生成された気と血(エネルギー)が経絡の中をめぐっています。

身体中にいたるところに経絡が巡っています。

痛み、しびれ、身体の不調の発症のメカニズム

気と血の流れが経絡内で滞ると、痛み、しびれなどの症状を起こします。

そうなると五臓六腑(内臓)への気と血への供給が減ります。
その結果、五臓六腑(内臓)の機能が低下し、身体の不調をもたらします。

はりきゅうの作用

気と血が経絡と五臓六腑に滞りなく巡り、五臓六腑が元気な状態を
健康と考えます。

経絡上のツボに、はりきゅうを行うと経絡内の気血の流れが良くなり
五臓六腑(内臓)機能が良い状態になります。

よって、痛み、しびれ、身体の不調を改善に導きます。

5)はりきゅう効果の科学的機序 

1)はりきゅうのツボへの刺激(電気信号)が脳に伝わります。

2)刺激(電気信号)により伝わった脳から
①血流促進②鎮痛効果(・脳レベル脊髄レベル末梢レベル)③自律神経への作用免疫系への作用 等の改善の指令を出します。

3)その指令により身体の内臓機能や免疫機能、神経機能を元気にします。

6)実際の診察

1)鍼灸医学の診察法四診を用いて、身体のつらい症状(痛み、しびれ、身体の不調など)
の原因を分析します。

2)分析した情報から、症状を改善するツボを選びます。
3)そのツボにはり、お灸をします。

診察法とツボの選択、はりきゅうの施術は、
長年の経験から研鑽し、熟練した施術が必要です。
それにより、効果が変わってきます。

7)はりきゅう 実績

  • はりきゅうの専門大学とその附属病院での研修終了(脳神経外科 リハビリ科専攻)

当院のはりきゅう治療は、歴史ある独自の診断法と大学病院の
研修での経験や知識を駆使して治療を行います。
今なお、勉強会の参加をして日々、研鑽をしております。

安心と安全をモットーに、常に最高の治療を提供できるように心がけています。

みわ鍼灸療法院

〒604-8341京都市中京区岩上町751-1シャトールロシェ1F