東洋医学の診察方法 四診

四診法

四診法(ししんほう)は、東洋医学鍼灸治療の診断法です。
その名の通り、四つの診断の方法の事です。
四つの診断の方法とは、望診(ぼうしん)・聞診(ぶんしん)・問診(もんしん)・切診(せつしん)の四つあります。

〇望診⇒視覚を用いる診断法

舌診察

体格や体型、顔色や肌のツヤ、目の輝き、舌の状態を見ます。特に舌診を重視しています。

〇聞診⇒聴覚・臭覚を用いる診断法

声の大きさ、力強さ、呼吸音、口や身体の臭いなども情報となります。

〇問診⇒病歴や自覚症状を聞き出す診断法

患者さんの訴えを詳しく聞きますが、それ以外にも睡眠や食欲、ストレスの状態など、日常生活の過ごし方などを聞きます。

〇切診⇒手で直接に触れる診断法

、皮膚に触れて、身体の症状を観察します。

ご予約はタップしてください。

受付時間

平日:月・火・木・金曜日 9:00~20:00
       水・土曜日 9:00~14:00

日祝日:休診

LINEから24時間予約できます。

ネット予約・問い合わせ

みわ鍼灸療法院

〒604-8341京都市中京区岩上町751-1シャトールロシェ1F