危険な肩コリを知ってますか?

単なる肩や首の筋肉の緊張やコリで済ますのは、危険です。

1.内科的な病気が原因となって起きる肩こり

1)循環器の病気

狭心症
心筋梗塞

狭心症や心筋梗塞では特に左肩~左背中や顎にかけて痛みが主に出ます。
心臓を取り巻く血管が動脈硬化によって詰まり、血流が悪くなっている状態が狭心症です。
血管が完全に詰まって血流が止まった状態が心筋梗塞です。どちらも胸が締め付けられるような痛みもありますが、
肩こりがひどくなり、特に左肩が痛くなる症状が出ます。

2)呼吸器の病気

肺がん
肺結核
胸膜炎(肋膜炎)

これらの呼吸器の病気があるときにも、首から背中にかけてコリが出ることがあります。しびれが出てしまうこともあります。

3)消化器の病気

胆石症
胆のう
肝炎
い臓疾患
胃腸障害

消化器系の病気が原因となっている場合には右肩や背部にがこり、痛むということが多いです。

4)全身的な病気

糖尿病
高血圧症
低血圧症
貧血

血圧が高い場合には、肩こり以外にも同時に動悸、のぼせ、息切れが出ます。血圧が低い場合には、だるさや疲れ、朝の寝起きが悪いといった症状が出ます。

 

5)女性特有の病気 婦人科疾患

月経不順
月経前症候群
更年期障害
骨粗鬆症による椎骨圧迫骨折

女性の肩こりには、女性ホルモンも大きく影響しています。イライラ感があったり、肩こりの症状に周期的なリズムがあり、女性ホルモンの影響があります

また更年期以降は骨粗鬆症になりやすく、知らないうちに圧迫骨折しているということがあります。

この他にもうつ病や頭痛が原因で肩こりが出ることもあります。

 

2.危険な肩コリの見極め方

1.マッサージなど揉んでも改善しない
2.階段を上がった後など運動した時に凝る
3.こりの場所があいまい
4.姿勢を変えても、揉んでも改善しない
5.背中などに違和感のある痛みを伴う
6.片側の肩コリ
7.全身のだるさ 熱っぽさを伴う

たかが肩こりだと判断するのは注意するべきことですね。危険な肩こりは意外と潜んでいます。
もし、心当たりがある場合は医師に相談して下さい。医師の診察を受診するか迷っている場合は、お気軽にご連絡ください。

LINEから24時間予約できます。

ご予約はタップしてください。

受付時間

平日:月・火・木・金曜日 9:00~20:00
       水・土曜日 9:00~14:00

日祝日:休診

ネット予約・問い合わせ

みわ鍼灸療法院

〒604-8341京都市中京区岩上町751-1シャトールロシェ1F