当院の独自の変形性股関節症の考え方と施術方法

変形性股関節症

当院の変形性股関節症への考え方と施術

一般的な整骨院は、全ての変形性股関節症の原因を

「股関節の軟骨の損傷」と決めつけています。
しかし、それ以外にも「内臓疲労」による変形性股関節症が存在します。

その結果、痛み、しびれ、身体の不調が良い状態になると考えます。

また、必要に応じて、身体のゆがみがある場合は、体幹調整法を行います。

内臓調整法と体幹調整法には、身体活性整体 と はりきゅう治療 があります。身体の状態から判断して最適な方法を選択して行います。

 

当院の変形性股関節症への施術の考え方は

内臓改善 股関節痛治療

「内臓の疲労」による変形性股関節症の場合、内臓を元気にする内臓調整法を行います。だから、病院や一般の整骨院で良くならなかった、股関節痛が良い状態になります。

また、必要に応じて姿勢を奇麗にする体幹調整法を用いて股関節痛を施術を行います。

内臓調整法と体幹調整法には、身体活性整体法身体調整はりきゅう療法から最適な治療を選択して行います。

 

当院が行う股関節痛への施術は?

内臓調整法

内臓(五臓六腑)を調整

内臓の調整法

◎内臓の疲れによる 変形性股関節症による股関節の痛み、だるさついて!

内臓(五臓六腑)の疲れや各々の臓器の働きのバランスの乱れにより腹部の筋肉が緊張を生じます。
そうなると、腹筋に力が入らなくなり、体幹が前屈位になって、股関節に負担がかかり、前方に偏位して動きが制限される。

そうなると、股関節の周囲にある筋肉や神経線維や血管を圧迫し、痛み、だるさの原因となります。

◎具体的な調整法
腹部の筋緊張を当院独自の施術で軟らかくすること、腹筋に力が入るようになると体幹が元に戻り、股関節の動きが良くなって、股関節も良い状態に戻る。
そして、周囲の筋肉のが軟らかくなり、股関節への神経線維や血管への圧迫が減少すると、血流が増えて、痛みやだるさが良い状態になると考えます。

内臓(五臓六腑)の調整

足趾から骨盤までのゆがみを調整

体幹調整法

◎姿勢のゆがみによる 変形性股関節症の痛み、だるさについて!

股関節の軟骨がすり減ることで痛みが発症することいわれています。当院の施術は損傷された軟骨が修復するものではありません。

実際は、骨盤や下肢のゆがみにより、股関節が前方に偏位します。
そうなると股関節周囲の筋肉や靭帯が緊張し、股関節内の関節包や軟骨に炎症が生じます。それにより、股関節の動きの制限や痛みが発症すると考えます。

◎具体的な調整法
・下肢(足関節~股関節)
・骨盤から脊柱

股関節だけでなく、足関節、膝関節、骨盤、脊柱などゆがみ、各関節動きや筋肉の緊張を観察します。


これらの情報を基に股関節に前方偏位を起こすポイントを探します。

ポイントに当院独自の施術を行います。

そうすることで、股関節の周囲の筋肉軟らかくなり、股関節が正常な位置に戻ると血流が促進されます。
痛みが良い状態へとなり、股関節の動きがスムーズになるように導いていきます。

股関節周りの筋肉から影響をする。

オファー 5980円

LINEから24時間予約できます。

ネット予約・問い合わせ

ご予約はタップしてください。

受付時間

平日:月・火・木・金曜日 9:00~20:00
       水・土曜日 9:00~14:00

日祝日:休診

みわ鍼灸療法院

〒604-8341京都市中京区岩上町751-1シャトールロシェ1F