当院の独自の腱板損傷の考え方と施術方法

腱板損傷への施術

当院の腱板損傷への考え方と施術

一般的な整骨院は、全ての頭痛の原因を

「肩関節のゆがみ」「肩関節周囲の筋肉の緊張」と決めつけています。
しかし、それ以外にも「内臓疲労」による腱板損傷が存在します。

その結果、痛み、しびれ、身体の不調が良い状態になると考えます。

また、必要に応じて、身体のゆがみがある場合は、体幹調整法を行います。

内臓調整法と体幹調整法には、身体活性整体 と はりきゅう治療 があります。身体の状態から判断して最適な方法を選択して行います。

 

当院の腱板損傷への施術の考え方は

内臓改善 腱板損傷治療

「内臓の疲労」による腱板損傷の場合、内臓を元気にする内臓調整法を行います。だから、病院や一般の整骨院で良くならなかった、腱板損傷が回復への状態に移行していきます。

また、必要に応じて姿勢を奇麗にする体幹調整法を用いて腱板損傷を施術を行います。

内臓調整法と体幹調整法には、身体活性整体法身体調整はりきゅう療法から最適な治療を選択して行います。

 

当院が行う腱板損傷への施術は?

内臓調整法

内臓(五臓六腑)を調整

内臓の調整法

◎内臓の疲れによる 腱板損傷による肩関節の痛みについて!

内臓(五臓六腑)の疲れや各々の臓器の働きのバランスの乱れにより腹部の筋肉が緊張を生じます。

腹部の筋肉は脊柱を支えている作用がある。
そうなると、脊柱や胸郭にゆがみます。そうなると肩関節周囲の腱板に負担がかかり、血流不足になります。よって腱板の傷が治りにくくなります。

◎具体的な調整法
身体活性整体法身体調整はりきゅう療法を用いて、腹部の筋緊張を当院独自の施術で軟らかくすること、脊柱への負担が緩和されて、
脊柱のゆがみが良い状態になり、腱板への負担が軽減し、血流が促進します。
その結果、腱板の傷が修復されて、肩関節への痛みや動きが良い状態になると考えます。

内臓 五臓六腑の調整

体幹調整法

肩関節、脊柱、胸郭のゆがみを調整

◎姿勢のゆがみによる 腱板損傷の痛みについて!

外傷やスポーツの使い過ぎにより腱板損傷が生じる。
しかし、人によって、傷ついた腱板の傷が治りにくいことが良くあります。
これは、もともとある脊柱や胸郭のゆがみやその動きが悪いことが原因です。その原因により腱板周囲の筋肉が硬くなって、傷ついた筋肉が修復されないからだと考えます。

よって腱板損傷が良い状態にならないのです。

◎具体的な調整法

身体ゆがみが腱板の傷を治りにくくさせています。

肩関節、脊柱や胸郭の動きやその周囲の筋肉の状態を観察して、腱板の傷が治りにくい原因を分析します。

分析した原因に対して当院独自の施術を行います。

そうすることで、脊柱や胸郭の動きやその周囲の筋肉が軟らかくなると傷ついた腱板への負担が軽減します。

その結果、腱板の損傷や修復されて、肩関節痛や動きの制限が解放されて、肩関節痛が良い状態にると考えます。

姿勢から肩関節への施術

オファー 5980円

LINEから24時間予約できます。

ネット予約・問い合わせ

ご予約はタップしてください。

受付時間

平日:月・火・木・金曜日 9:00~20:00
       水・土曜日 9:00~14:00

日祝日:休診

みわ鍼灸療法院

〒604-8341京都市中京区岩上町751-1シャトールロシェ1F