当院の独自の腓骨筋腱炎の考え方と施術方法

他院にはない!当院独自の腓骨筋腱炎の考え方と施術方法

当院の腓骨筋腱炎への考え方と施術

一般的な整骨院は、全ての腓骨神経炎の原因を

「腓骨筋の問題」と決めつけています。
しかし、それ以外にも「内臓疲労」による腓骨筋腱炎が存在します。

その結果、痛み、しびれ、身体の不調が良い状態になると考えます。

また、必要に応じて、身体のゆがみがある場合は、体幹調整法を行います。

内臓調整法と体幹調整法には、身体活性整体 と はりきゅう治療 があります。身体の状態から判断して最適な方法を選択して行います。

 

当院の腓骨筋腱炎への施術の考え方は

内臓改善 腓骨筋腱炎治療

当院が行う腓骨筋腱炎への施術は?

内臓調整法

内臓(五臓六腑)を調整

◎内臓の疲れによる 腓骨筋腱炎について
内臓の働きが疲れると腹部の筋肉が弱ってしまいます。腹部の筋肉は骨盤の傾斜に影響を与えています。
骨盤が下がると傾斜し、下腿に捻じれを生じて腓骨筋に負担がかかり痛みを生じる。

◎具体的な調整法
腹部の弱った筋肉に力が出るように当院独自の施術を行います。
腹部の筋肉が強くなると骨盤の傾斜が元に戻ると、下肢に元に戻り、腓骨筋への負担が回避されて、腓骨筋腱炎が良い状態になると考えます。

内臓(五臓六腑)の調整

体幹調整法

足趾から骨盤までのゆがみを調整

足趾から骨盤までのゆがみを調整

◎身体の姿勢のゆがみによる腓骨神経麻痺について!

腓骨筋腱炎は腓骨筋だけが原因ではありません。
足趾から骨盤までの動きやゆがみが関係しています。
ゆがみがあると下肢全体の動きが悪くなり、下腿が内旋して、腓骨筋が緊張して負担がかかりやすくなります。
そうなると腓骨筋腱付着部に痛みが生じて、腓骨筋腱炎を起こすと考えます。

◎具体的な調整法

足趾から骨盤、脊柱全体などのゆがみ、筋肉の緊張、関節の動きを観察します。
その情報から腓骨筋腱炎の原因となる筋肉や骨格を探します。

そのポイントに当院独自の施術を行います。

そうすることで、下腿の捻じれが良い状態になることで、腓骨筋の圧負担がなくなります。
そして、歩行や走りのフォームをチェックして、腓骨筋腱炎にならないような動きを作っていくことで、腓骨筋腱炎が良い状態になると考えます。

下腿に負担がかからない状態へ

頭蓋骨調整

オファー 5980円

LINEから24時間予約できます。

ネット予約・問い合わせ

ご予約はタップしてください。

受付時間

平日:月・火・木・金曜日 9:00~20:00
       水・土曜日 9:00~14:00

日祝日:休診

みわ鍼灸療法院

〒604-8341京都市中京区岩上町751-1シャトールロシェ1F