すごーく大事な自律神経のお話

「自律神経」とは

自分の意思とは関係なく働く神経の総称です。
このように生命を維持するのに重要な体の機能をコントロールしています。
「自律神経」はさらに「交感神経」と「副交感神経」の2種類あります。

「交感神経」とは、活動する神経と言われています。

呼吸や心臓の動きが速くなる
血管の収縮
血圧の上昇
胃腸の働きを抑制する
膀胱が広がる
子宮の収縮
血管・瞳孔・汗腺を閉じる

「副交感神経」とは、休む神経と言われています。

呼吸や心臓の動きが遅くなる
血管が広がる
血圧が下がる
胃腸の働きを活発にする
膀胱が収縮する
子宮が広がる
血管・瞳孔・汗腺を開く

交感神経と副交感神経は対照的な働きを持ってます。

交感神経が働くとき   →   副交感神経はお休み
副交感神経が働くとき  →   交感神経はお休み
というように、バランスよく交互に働きます。シーソーのような感じです。

 

人間の身体は維持されているのです。自律神経失調症とは、この交感神経と副交感神経のバランスが崩れることを言います。

自律神経は無意識に作用しております。自分でコントロールはできません。
気候、気温、ストレスなどなど影響を受けてしまうので、知らないうちに病気になってしまいます。
結構、厄介者ですね。
自律神経失調症などの言われた、ご相談ください。

LINEから24時間予約できます。

ネット予約・問い合わせ

ご予約はタップしてください。

受付時間

平日:月・火・木・金曜日 9:00~20:00
       水・土曜日 9:00~14:00

日祝日:休診

みわ鍼灸療法院

〒604-8341京都市中京区岩上町751-1シャトールロシェ1F