何度も膝関節の水を抜いたことのある方へ

Q:膝関節の水が溜まるのは?なぜ?

A :それは・・・関節内に炎症があるからです。

Q:炎症の原因は?

A :半月板の損傷や関節内の靭帯が切れる。
⇒この場合は、整形外科での診察が必要です。
基本的には手術になりますが、リハビリ時はりきゅう、整体治療で膝関節周囲の筋肉を柔らかくすれば、リハビリ期間が短くなる傾向にあります。

A :関節リウマチ 痛風など病気によるもの
⇒この場合は、整形外科での診察が必要です。
薬を服用しながらでも、はりきゅう、整体治療を行えば炎症が抑えられ、痛みが軽減します。

A: 加齢による関節の炎症 一般的には膝関節の軟骨がすり減る変形性膝関節症によるものが多いと言われています。
⇒はりきゅう、整体治療で治療は可能です。炎症が抑えられて、水を抜く回数も減ってきます。治療により水を抜かなくても良くなった方もいらっしゃいます。

Q:では?水は何処からやってくる?

A :膝関節にある滑膜という膜です。

炎症を冷やすために滑膜が水を出します。一種の消火作業をしています。

Q:水を抜いたら、なぜクセになるのか?

水が関節内にたくさん溜まると膝関節が腫れて、痛みとともに膝の屈伸がしづらくなります。
あまりにも溜まりすぎると歩行にも影響しますので、整形外科で抜いてもらうのがいいと考えます。

さて、水を抜いてもらうとクセになるから、水を抜かないほうが良いと言われた。という話を聞きます。確かに水を抜いたら、また、溜まることがあります。これをクセになっていると思われているのでしょう。

Q:なぜ?再び水が溜まってしまうのか?

A:それは・・・関節内に炎症が残っているからです。抜くだけでは炎症を抑えることは難しいですね。だから再発するのです。
炎症を起こす根本原因を突き止めて、治療することが必要です。

Q:さて根本原因とは、いかなるものか?

続く・・・

何度も水を抜いても、再び溜まってしまう。痛みが治らないというかた、お気軽にご連絡ください。

LINEから24時間予約できます。

ご予約はタップしてください。

受付時間

平日:月・火・木・金曜日 9:00~20:00
       水・土曜日 9:00~14:00

日祝日:休診

ネット予約・問い合わせ

みわ鍼灸療法院

〒604-8341京都市中京区岩上町751-1シャトールロシェ1F