京都市中京区・二条・四条で整体、マッサージをお探しならみわ鍼灸療法院へ!肩こり・腰痛・などの身体の辛い症状を改善する自信があります!他の接骨院・整体・はりきゅう・マッサージに行っても治らなかった方、みわ鍼灸療法院なら原因を根本から的確に分析をし、一人一人に最適な治療を行います。病院での検査で「異常なし」と言われた方も大歓迎です。
ご予約、お問い合わせは
TEL:075(406)5655
受付時間 9:00~19:30(日・祝日除く)
9:00~12:30(水・土)
    
公開日:2020年3月3日

四診法

四診法(ししんほう)は、東洋医学鍼灸治療の診断法です。
その名の通り、四つの診断の方法の事です。
四つの診断の方法とは、望診(ぼうしん)・聞診(ぶんしん)・問診(もんしん)・切診(せつしん)の四つあります。

〇望診⇒視覚を用いる診断法

体格や体型、顔色や肌のツヤ、目の輝き、舌の状態を見ます。特に舌診を重視しています。

〇聞診⇒聴覚・臭覚を用いる診断法

声の大きさ、力強さ、呼吸音、口や身体の臭いなども情報となります。

〇問診⇒病歴や自覚症状を聞き出す診断法

患者さんの訴えを詳しく聞きますが、それ以外にも睡眠や食欲、ストレスの状態など、日常生活の過ごし方などを聞きます。

〇切診⇒手で直接に触れる診断法

、皮膚に触れて、身体の症状を観察します。

⇒はりきゅうに戻る

この記事の著者

みわ鍼灸療法院
みわ鍼灸療法院
記事一覧

著者一覧